奈良県吉野郡天川村より心かをるエッセンシャルオイルをお届けします。天川アロマ 杣(そま)

メールでのお問合せ

エッセンシャルオイルについて

芳香植物の利用

人類は洋の東西を問わず、植物の芳香を祭祀・儀礼・治療・美容に用いてきました。
芳香植物の利用は世界の各地域で独自に発展し、近代医学が発達する以前の人間の健康を担ってきました。
今でもそれらは、伝統医学や民間療法として受け継がれています。
芳香植物の香りを利用して、何かをするということの歴史は古くからあり、古代エジプトでのミイラ作りにも利用されていました。芳香植物の利用は、世界の各地域で違い、それぞれ独自の持ち味があり、その世界を学べばとてもおもしろいものです。植物の力を利用して心身を健康状態にするということは、とてもすばらしいことで改めて香りの重要さを実感します。
芳香植物の利用

エッセンシャルオイル(英語 essential oil)、精油(せいゆ)とは、植物に含まれ、揮発性の芳香物質を含む有機化合物です。「オイル/油」という字が付きますが、油脂とは全く別の物質からできています。水に溶けにくく、アルコール・油脂などに溶ける性質を持ちます。現在、約250~300種類の精油が存在しています。

「精油」は100%天然物質であり、人工的に合成した物質を一切含まず、アルコール希釈などをしていない完全成分のものだけを指します。一般的にはハーブ葉の質量に対し0.01%~0.2%程度しか含有せず、大変に貴重なものです。大量生産は考えにくく、安価なものにはできにくいものです。アロマオイルやポプリオイルなどと混同されることも多々ありますが、混ぜ物を含み大量生産されるそれらとは全く別物であることをご理解ください。

ご使用方法

「芳香器を使って」

「芳香器を使って」

芳香器を使い、お部屋はリラクゼーション、リフレッシュスペース♪


「お風呂に」「手浴・足浴」

「お風呂に」「手浴・足浴」

お風呂に2~3滴おとしてお入りください。気分をリラックスさせ、心地よさをもたらしてくれます。
お湯をはったボウルなどに1~2滴おとし、ゆったり手・足を浸しリラックスタイムをお楽しみ下さい。


「マッサージ」

「マッサージ」

精油の量が全体の2~3%になるように、必ずお湯やホホバオイルなどの植物油で薄めてご使用ください。
但し、目や唇等の粘膜部へのご使用はお避けください。

使用上のご注意

  • 原液を直接肌につけたり飲んだりしないで下さい。また、シミの原因になりますので衣服につかないようにご注意下さい。
  • お子様やペットの手の届かない冷暗所に保管し、開封後はお早めにご使用下さい。
  • 敏感肌の方やアレルギー体質の方、お子様は希釈率を高めてお試しになられたうえ、ご使用下さい。
  • 妊娠中の方はデリケートな時期の為、十分に留意のうえ医師など専門家の指導に従ってご使用下さい。
  • ご使用中に何らかの異常があった場合には、直ちにご使用を中止して医師など専門医にご相談下さい。
  • 引火性ですので火気に十分ご注意下さい。